抄読会

抄読会の開催履歴です。添付資料のあるものについては、リンクが表示されます。

最新の開催予定は新着情報よりご確認ください。

手良向 聡

適正な医学研究の推進と発信に向けて - 研究不正は防ぐことができるのか? -

松山 裕

欠側データ解析における最近の話題:Estimand, Sensitivity analyses, …

原田 亜紀子

なぜ生活習慣は変えられないのか? ―ICTと行動経済学を応用した新しい行動介入の提案―

大庭 幸治

ASCO'15報告と関連する話題の紹介

柏原 康佑

QoLを主要評価項目としたがん臨床試験の計画と解析

朝比奈 誠太郎

抗癌剤開発における早期臨床試験デザインを再考する-Phase II Bayesian and Frequentist Adaptive Design- Part 3

土川 克

死亡による打切りを受ける経時データの解析

篠崎 智大

マッチド・ペア推定量とC-統計量

降旗 啓

治療のdiscontinuationによるestimandの整理

吉田 征太郎

区間打ち切りデータに対する生存関数推定における補助変数を用いたアプローチ

田島 里華

Network Meta-Analysis: An Overview of Background, Application, and Methodology

奥井 佑

検証的試験におけるadaptive designsの方法論

川原 拓也

Targeted Maximum Likelihood法に基づく欠測データ解析

壁谷 勇佑

臨床試験における多重性の調整(Gatekeeping procedure)

高谷 尚人

漢方方剤の薬効評価:臨床試験のデザインと課題、展望

降旗 啓

死亡による欠測を考慮した尤度に基づく解析法

萩原 康博

治療のクロスオーバーと第三の治療の両方を伴うランダム化比較試験に適した因果推論手法の開発に向けた論点整理

上妻 佳代子

定量的冠動脈造影法(QCA)の計測用ソフトウェアのvalidation study

大庭 幸治

代替エンドポイントの評価における制限付き平均生存時間の利用

土川 克

死亡による打切りを受ける経時データの解析

横田 勲

試験追跡途中における盲検下での症例数再設計

野島 正寛

過去の相談事例から浮かび上がる非専門家向け統計教育上の重点的課題

萩原 康博

非試験治療に関する事前知識を活用した構造平均モデルの推定

篠崎 智大

Doubly robust estimation of a marginal structural model in the exposed as a standardization method targeting the exposed population

上妻 佳代子

定量的冠動脈造影法(QCA)の計測用ソフトウエアのvalidation study

降旗 啓

打ち切りが独立でない場合を想定した感度分析手法

大高 光貴

患者不満足度に影響をあたえる医療施設特性の探索と評価

壁谷 勇佑

多施設臨床試験における統計学的モニタリングの評価

高谷 尚人

日本人慢性腎臓病患者における適切なフォローアップ間隔―血清Cr2倍化をエンドポイントとして―

大高 光貴

患者満足度に影響を与える医療施設特性の探索と評価

壁谷 勇佑

臨床研究における中央モニタリングの統計学的評価―統計学的手法を積極的に用いたモニタリング―

高谷 尚人

日本人慢性腎臓病患者における適切な腎機能の評価間隔

川原 拓也

情報のある打ち切りをともなう生存時間データに対する二重ロバストリスク比推定―冠動脈イベントに対する大規模一次予防試験(MEGA study) データへの適用―

田島 里華

スパースな疫学研究データ解析におけるベイズ的回帰分析手法の比較

TOP