抄読会

抄読会の開催履歴です。添付資料のあるものについては、リンクが表示されます。

最新の開催予定は新着情報よりご確認ください。

小寺 聡

旭中央病院の臨床研究支援センターの現状および地域医療について

守屋 順之

Principal Stratificationを用いた高Hb濃度の治療効果の推定

福田 武蔵

Randomized Controlled Trial Designs with Biomarkers

岡 泰子

Enrishment Strategyに関するFDAのガイダンス

田島 里華

Stably Estimating the Risk of Rare Events

横田 勲

経時データを考慮した生存時間モデルに基づく動的予測

川原 拓也

二重ロバスト推定量による因果パラメータ推定

奥井 佑

ベイズ型統計モデルの評価方法

伊藤 真理

SURVEY OF ATTITUDES TOWARD CERVICAL CANCER SCREENING

堀尾 奈都記

高血圧治療ガイドラインならびに臨床試験論文の発表、企業広告に伴う降圧剤処方状況の変化調査

萩原 康博

打ち切りを考慮したQALYに対する共変量の影響の評価

長江 祐吾

「日本における補助人工心臓に関連した市販後のデータ収集」に対する業務負担の調査

増田 有里子

牛乳摂取と総死亡・循環器死亡の関連について

鄭 日川

Within-trial prediction for the number of future events

岡田 宏子

臨床試験のインフォームドコンセントにおける事前学習型アプリケーションの効果

古賀 晋一郎

症例調査個票において最良総合効果判定日に欠損・不整合を発生させる要因に関する検討:大腸癌観察研究

寺田 遼

臨床研究の現場における実態調査

萩原 康博

切除不能進行膵癌に対する化学療法の医療経済評価

堀尾 奈都記

アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)に関する自主臨床試験のレビュー

増田 有里子

乳製品・肉類摂取と糖尿病の関連について

柏原 康佑

新規のConditional error functionを用いた症例数再設計法の提案

ソフィー シュ

Record Linkage My Research Progress Report

松山 裕

セミパラメトリックモデルにもとづく共変量調整と欠測データ解析

伊藤 真理

子宮頚がんに関する時事問題――がん検診、HPVワクチン、厚労省HPV検査検証事業――

大橋 靖雄

ASCO2013(May31-June04)報告

上村 夕香理

Simple methods for the estimation and sensitivity analysis of principal strata effects using marginal structural models: application to a bone fracture prevention trial

守屋 順之

コンプライアンスを考慮した治療効果推定の実データへの適用

篠崎 智大

Robust estimation in randomized trials with partial compliance using generalized method of moments applied to g-estimating equations

福田 武蔵

分子標的薬の開発における Randomized Phase 2 Designs

横田 勲

有害事象グレードの違いを考慮した発現時間を検討するための多状態モデル(multi-state model) の利用

奥井 佑

一般化線形混合モデルの尤度計算法

田島 里華

Latent Class AnalysisとそのSASによる実行について

佐藤 弘樹

インフルエンザ流行における学校閉鎖と個人防御策に関する検討

岡田 宏子

臨床試験についての理解度の調査票

川原 拓也

クロス・オーバーデザインの解析と効率

鄭 日川

REAL-CAD患者(冠動脈疾患患者)における心血管イベント発生リスク予測モデルの構築

長江 祐吾

J-MACSの実態調査

11 / 13« 先頭...910111213

TOP