抄読会

抄読会の開催履歴です。添付資料のあるものについては、リンクが表示されます。

最新の開催予定は新着情報よりご確認ください。

篠崎 智大

Robust estimation in randomized trials with partial compliance using generalized method of moments applied to g-estimating equations

福田 武蔵

分子標的薬の開発における Randomized Phase 2 Designs

横田 勲

有害事象グレードの違いを考慮した発現時間を検討するための多状態モデル(multi-state model) の利用

奥井 佑

一般化線形混合モデルの尤度計算法

田島 里華

Latent Class AnalysisとそのSASによる実行について

佐藤 弘樹

インフルエンザ流行における学校閉鎖と個人防御策に関する検討

岡田 宏子

臨床試験についての理解度の調査票

川原 拓也

クロス・オーバーデザインの解析と効率

鄭 日川

REAL-CAD患者(冠動脈疾患患者)における心血管イベント発生リスク予測モデルの構築

長江 祐吾

J-MACSの実態調査

寺田 遼

CRC(治験コーディネーター)の影響分析

古賀 晋一郎

症例調査票記入データの欠損・不整合の発生に影響する因子に関する検討:大腸癌観察研究

佐藤 泉美

医療情報データベースを利用した骨粗鬆薬の乳がん発症予防効果の検討の準備

益子 友恵

わが国の労働者におけるプレゼンティーズムの生産性への影響について~東海地方健康職場づくりプロジェクトの調査・解析に向けて~

平野 大志

小児特発性ネフローゼ症候群におけるステロイド反応性とグルココルチコイド受容体の遺伝子多型

高本 幹大

欠測データを減らすための試験デザインおよび実施上の工夫

柏原 康祐

群逐次デザイン型の適応的デザインとシームレス第II/III相試験の性能評価

後藤 昌也

東京大学医部附属病院における研究者主導臨床試験プロトコルの質評価

木原 清敬

質調整生存時間の概要

横田 勲

時間依存性マーカーの動的予測における推定法の改良

岡 泰子

予測医療の臨床試験デザイン

篠崎 智大

一般化モーメント法を用いたランダム化試験における感度解析

守屋 順之

治療コンプライアンスを考慮した治療効果の推定

寺田 遼

データマネジメントの実態と考察

ソフィーシュ

Theoretical Background of Record Linkage: Terminology & Methodology

古賀 晋一郎

症例報告書の品質向上による試験信頼性の担保と臨床研究の推進に関する現状

鄭 日川

冠動脈疾患患者に対する積極的脂質低下療法の有効性の検討:REAL-CAD試験

岡田 宏子

臨床試験におけるDecisionAidの現状と課題

長江 祐吾

日本における人工心臓の位置づけ

田島 里華

心筋梗塞に対する複数の脂質指標の予測力評価

福田 武蔵

腫瘍マーカー情報を用いた大豆・腸内細菌と前立腺がん発症のケースコホート・デザイン

奥井 佑

がん悪液質患者の予後測因子の探究

川原 拓也

採取済みの検体を用いるケースコントロール研究における逐次検定デザインの応用

斉堂 美由季

日本の保育園児における、齲歯本数とショ糖摂取量との関係

斉堂 美由季

日本の保育園児における、齲歯本数とショ糖摂取量との関係

田島 里華

脂質指標により心筋梗塞リスクを推定するモデルの比較

福田 武蔵

腸内細菌と前立腺がん発症に対するケース・コホート研究のデザイン設計

奥井 佑

非小細胞肺がん患者の予後マーカーの探索

川原 拓也

採取済みの検体を用いるケースコントロール研究における逐次検定デザインの応用

平野 大志

早産低出生体重児と慢性腎臓病の関連についての検討

後藤 昌也

自主臨床試験プロトコールの実態調査に関する共同研究

12 / 14« 先頭...1011121314

TOP