抄読会

抄読会の開催履歴です。添付資料のあるものについては、リンクが表示されます。

最新の開催予定は新着情報よりご確認ください。

増田 有里子

要介護発生リスクスコアの開発

大高 光貴

 

萩原 康博

治療のクロスオーバーと構造加速モデルのg-推定

壁谷 勇佑

臨床試験における中央モニタリングの統計学的手法

奥井 佑

G-推定を用いた、 生存期間に対する試験治療効果の推定 ‐大腸がん肝転移患者を対象とした臨床試験データの解析‐

中尾 杏子

腎機能の変動と心血管疾患イベントとの関係に関する検討

熊谷 勇人

2段階デザインに対する期待奏効割合誤特定の影響

上妻 佳代子

定量的冠動脈造影法(QCA)の計測用ソフトウエアのvalidation study

田島 里華

ベイズ的手法を活用したスパースな疫学研究データの解析

降旗 啓

Confounding by indication への対処法

川原 拓也

脱落が起こる経時研究データからのリスク比の二重ロバスト推定と MEGA Study データへの適用

松山 裕

標準治療構築を目指した臨床試験における追跡期間延長に関する統計学的考察

福田 武蔵

個別化医療に向けた臨床試験デザイン ―Marker Stratified Design における中間解析方法の検討―

小寺 聡

健診における心電図の有効性について

卒論生

 

熊谷 勇人

二値アウトカムの単群二段階デザインにおける適応的デザイン

奥井 佑

G-推定による、全生存期間に対する試験治療の効果推定 ‐大腸がんの肝転移患者を対象とした臨床試験データの解析‐

ソフィーシュ

Record Linkage Simulation Study

手良向 聡(非常勤講師)

探索的臨床試験における標本サイズ再設定デザイン

柏原 康佑

希少疾患の検証的臨床試験における症例数再設計法

土川 克

欠測があるDaily diaryから導出される経時2値データの解析方法

吉田 征太郎

骨粗鬆症性の骨折予防を目的とした臨床試験における区間打ち切りデータについての統計的問題

篠崎 智大

予測モデル比較のための評価指標

谷口 優

草津コホート研究の概要、研究成果、ならびに今後の課題

松山 裕

今年度の卒論テーマについて

朝比奈 誠太郎

抗癌剤開発における早期臨床試験デザインを再考する -Phase II Bayesian and Frequentist Adaptive Design- part 2

原田 亜紀子

行政データを活用した疫学研究をどのように設計するか -地域包括ケアシステムを考える上での疫学研究の役割-

横田 勲

繰り返しイベントデータに対する動的予測 (Dynamic prediction for repeated events data)

熊谷 勇人

Simonのtwo-stage designにおける奏効割合の点推定、区間推定の方法

福田 武蔵

個別化医療に向けた臨床試験デザイン ―Marker Stratified Design における中間評価方法の検討―

田島 里華

Tackling the Sparse-Data Problem with Bayesian Methods

守屋 順之

Principal Stratificationによる高Hb濃度の治療効果推定に関するEMアルゴリズムの適用

奥井 佑

がんの臨床試験における、再発事象の代替エンドポイント性能の評価   ‐二次 治療の影響を考慮した構造モデルによる解析‐

TOP