メンバー

スタッフ

English Information

たけうち よしのり

竹内 由則助教   

TAKEUCHI Yoshinori

健康科学・看護学専攻 疫学・予防保健学分野

ytakeuchi [at] epistat.m.u-tokyo.ac.jp

研究

医療情報データベースを用いた医薬品安全性評価
薬剤疫学研究手法の検討

経歴

2007.3 東京大学農学部 獣医学課程獣医学専修卒業
2011.3 東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医学専攻 博士課程修了
   (2007.4 - 2009.3 東京大学大学院農学生命科学研究科 附属動物医療センター 技術補佐員)
   (2009.4 - 2011.3 日本学術振興会 特別研究員(DC2))
2012.3 東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 専門職学位課程修了
   (2011.4 - 2012.3 東京大学大学院農学生命科学研究科 農学研究員)
2012.4 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 安全第一部調査分析課 調査専門員
2014.4 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 安全第一部分析課 調査専門員(配置換)
2015.4 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医療情報活用推進室 調査専門員(分析担当)(配置換)
2016.4 東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 生物統計学分野 特任助教
2019.4 東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻 疫学・予防保健学分野 助教

  1. Shichijo S, Endo Y, Aoyama K, Takeuchi Y, Ozawa T, Takiyama H, Matsuo K, Fujishiro M, Ishihara S, Ishihara R, Tada T. Application of convolutional neural networks for evaluating Helicobacter pylori infection status on the basis of endoscopic images. Scand J Gastroenterol. 2019; 54(2): 158-163.
  2. Yamaguchi K, Kamatari Y, Ono F, Shibata H, Fuse T, Elhelaly A, Fukuoka M, Kimura T, Hosokawa-Muto J, Ishikawa T, Tobiume M, Takeuchi Y, Matsuyama Y, Ishibashi D, Nishida N, Kuwata K. A designer molecular chaperone against transmissible spongiform encephalopathy slows down the progression of the disease in mice and macaques. Nature Biomed Eng. 2019; 3: 206–219.
  3. Takeuchi Y, Shinozaki T, Kumamaru H, Hiramatsu T, Matsuyama Y. Analyzing intent-to-treat and per-protocol effects on safety outcomes using a medical information database: An application to the risk assessment of antibiotic-induced liver injury. Expert Opin Drug Saf. 2018; 17(11): 1071-1079.
  4. Niikura R, Yamada A, Hirata Y, Hayakawa Y, Takahashi A, Shinozaki T, Takeuchi Y, Fujishiro M, Koike K. Efficacy of vonoprazan for gastroesophageal reflux symptoms in patients with proton pump inhibitor-resistant non-erosive reflux disease. Intern Med. 2018; 57(17): 2443-2450.
  5. Takeuchi Y, Shinozaki T, Matsuyama Y. A comparison of estimators from self-controlled case series, case-crossover design, and sequence symmetry analysis for pharmacoepidemiological studies. BMC Med Res Methodol. 2018; 18: 4.
  6. Takeuchi Y, Ando T, Ishiguro C, Uyama Y. Risk of acute asthma attacks associated with non-steroidal anti-inflammatory drugs: A self-controlled case series. Ther Innov Regul Sci. 2017; 51(3): 332-341.
  7. Ishiguro C, Takeuchi Y, Uyama Y, Tawaragi T. The MIHARI Project: Establishing a new framework for pharmacoepidemiological drug safety assessments by the Pharmaceuticals and Medical Devices Agency of Japan. Pharmacoepidemiol Drug Saf. 2016; 25(7): 854-859.
  8. Takeuchi Y, Bonkobara M. Receptor tyrosine kinase KIT: Prognostic and therapeutic involvement in canine mast cell tumours. Vet J. 2016; 210: 5-6.
  9. Irie M, Takeuchi Y, Ohtake Y, Suzuki H, Nagata N, Miyoshi T, Kagawa Y, Yamagami T. Imatinib mesylate treatment in a dog with gastrointestinal stromal tumors with a c-kit mutation. J Vet Med Sci. 2015; 77(11): 1535-9.
  10. Takeuchi Y, Kajiyama K, Ishiguro C, Uyama Y. Atypical antipsychotics and the risk of hyperlipidemia: A sequence symmetry analysis. Drug Saf. 2015; 38(7): 641-50.
  11. Takeuchi Y, Fujino Y, Watanabe M, Takahashi M, Nakagawa T, Takeuchi A, Bonkobara M, Kobayashi T, Ohno K, Uchida K, Asano K, Nishimura R, Nakayama H, Sugano S, Ohashi Y, Tsujimoto H. Validation of the prognostic value of histopathological grading or c-kit mutation in canine cutaneous mast cell tumours: A retrospective cohort study. Vet J. 2013; 196(3): 492-8.
  12. Takeuchi Y, Takahashi M, Tsuboi M, Fujino Y, Uchida K, Ohno K, Nakayama H, Tsujimoto H. Intestinal T-cell lymphoma with severe hypereosinophilic syndrome in a cat. J Vet Med Sci. 2012; 74(8): 1057-62.
  13. Takeuchi Y, Fujino Y, Fukushima K, Watanabe M, Nakagawa T, Ohno K, Sasaki N, Sugano S, Tsujimoto H. Biological effect of tyrosine kinase inhibitors on three canine mast cell tumor cell lines with various KIT statuses. J Vet Pharmacol Ther. 2012; 35(1): 97-104.
  14. Takeuchi Y, Fujino Y, Watanabe M, Nakagawa T, Ohno K, Sasaki N, Sugano S, Tsujimoto H. Screening of therapeutic targets for canine mast cell tumors from a variety of kinase molecules. J Vet Med Sci. 2011; 73(10): 1295-302.
  15. Takeuchi Y, Iizuka H, Kanemitsu H, Fujino Y, Nakashima K, Uchida K, Ohno K, Nakayama H, Tsujimoto H. Myeloma-related disorder with leukaemic progression in a cat. J Feline Med Surg. 2010; 12(12): 982-7.
  16. Takeuchi Y, Fujino Y, Watanabe M, Nakagawa T, Ohno K, Sasaki N, Sugano S, Tsujimoto H. Aberrant autophosphorylation of c-Kit receptor in canine mast cell tumor cell lines. Vet Immunol Immunopathol. 2010; 137(3-4): 208-16.
  17. Takeuchi Y, Fujino Y, Goto-Koshino Y, Ohno K, Uchida K, Nakayama H, Tsujimoto H. Long term survival of primary skeletal muscle lymphoma in a miniature dachshund. J Vet Med Sci. 2010; 72(5): 673-7.
  18. Takeuchi Y, Matsuura S, Fujino Y, Nakajima M, Takahashi M, Nakashima K, Sakai Y, Uetsuka K, Ohno K, Nakayama H, Tsujimoto H. Hypereosinophilic syndrome in two cats. J Vet Med Sci. 2008; 70(10): 1085-9.
  19. Takeuchi Y, Uetsuka K, Murayama M, Kikuta F, Takashima A, Doi K, Nakayama H. Complementary distributions of amyloid-beta and neprilysin in the brains of dogs and cats. Vet Pathol. 2008; 45(4): 455-66.
  20. Takeuchi Y, Ohnishi Y, Matsunaga S, Nakayama H, Uetsuka K. Intracranial meningioma with polygonal granular cell appearance in a Chihuahua. J Vet Med Sci. 2008; 70(5): 529-32.

論文(和文)

  1. 竹内由則. レセプトデータにおける外部情報を用いた交絡調整法の実践. Monthly IHEP. 2018/2019; 281: 27-28.
  2. 竹内由則. 医療情報データを用いた医薬品安全性評価とその小動物医療への応用可能性. 獣医疫学雑誌. 2017; 21(1): 5-7.
  3. 石黒智恵子, 竹内由則, 山田香織, 駒嶺真希, 宇山佳明. MIHARI Projectで得られた成果と今後の展望. 薬剤疫学. 2015; 20(1): 3-13.
  4. 竹内由則. 医薬品安全対策への電子診療情報の活用 MIHARI Project. PHARMSTAGE. 2015; 15(3): 1-3.
  5. 竹内由則, 藤野泰人, 渡邊学, 中川貴之, 高橋雅, 竹内文乃, 盆子原誠, 小林哲也, 大野耕一, 内田和幸, 浅野和之, 菅野純夫, 西村亮平, 大橋靖雄, 辻本元. イヌの肥満細胞腫におけるKIT遺伝子変異および病理組織学的分類の予後への影響. SA Medicine. 2012; 14:78-9.
  6. 中嶋眞弓, 大野耕一, 竹内由則, 竹内文乃, 中島亘, 藤野泰人, 辻本元. イヌの動的栄養指標蛋白としての血漿トランスフェリン値の有用性. ペット栄養学会誌. 2012; 15(2): 65-71.
  7. 竹内由則, 藤野泰人, 渡邊学, 中川貴之, 大野耕一, 菅野純夫, 佐々木伸雄, 辻本元. 犬の肥満細胞腫に対する新規治療標的に関する探索的研究. JVM獣医畜産新報. 2011; 64(9): 740-2.
  8. 竹内由則, 大野耕一. 全身性エリテマトーデスと診断した犬の2例. INFOVETS. 2010; 13: 19-22.
  9. 竹内由則, 辻本元. 好酸球増加症候群. SA Medicine. 2010; 12: 43-4.
  10. 竹内由則, 藤野泰人, 大野耕一, 渡邊学, 菅野純夫, 佐々木伸雄, 辻本元. 犬の肥満細胞腫細胞株におけるc-kit遺伝子全塩基配列解析およびKIT蛋白リン酸化の解析. JVM獣医畜産新報. 2009; 62(7): 537-9.
  11. 竹内由則, 藤野泰人, 中嶋眞弓, 望月学, 高橋雅, 中島亘, 宮田勝重, 上塚浩司, 中山裕之, 大野耕一, 辻本元. 好酸球増多症候群を呈した猫の1例. INFOVETS. 2007; 10(10): 13-8.

  1. Takeuchi Y. Martingale residual-based imputation for unmeasured confounders in marginal structural Aalen additive hazard model using validation sample (poster presentation). Atlantic Causal Inference Conference 2018. Pittsburgh. May 2018.
  2. Ogawa K, Tomiyasu H, Suenaga M, Watanabe M, Sugano S, Motegi T, Takeuchi Y, Omi A, Goto-Koshino Y, Ohno K, Skorupski A. K, Tsujimoto H. A Gene Expression Scoring System to Predict Chemotherapy Resistance Using Novel Drug Resistance Factors in Canine Lymphoma (poster presentation). 2017 Veterinary Cancer Society Annual Conference. Portland. Oct 2017.
  3. Takeuchi Y, Shinozaki T, Hiramatsu T, Matsuyama Y. The Risk of Liver Injury Associated with Antibiotics Adjusted for Change of Treatments by Inverse Probability of Censoring Weighting (poster presentation). 33rd International Conference on Pharmacoepidemiology & Therapeutic Risk Management. Montreal. Aug 2017.
  4. Takeuchi Y, Shinozaki T, Matsuyama Y. Stratified proportional hazards model in self-controlled design: validity and extension of sequential symmetry analysis (poster presentation). Society for Epidemiologic Research 50th Annual Meeting. Seattle. Jun 2017.
  5. Komamine M, Ishiguro C, Takeuchi Y, Uyama Y. Cardiovascular Risks Associated with Dipeptidyl-Peptidase 4 Inhibitor Compared to Other Diabetes Drugs: a Cohort Study (poster presentation). 32nd International Conference on Pharmacoepidemiology & Therapeutic Risk Management. Dublin. Aug 2016.
  6. Takeuchi Y, Higa S, Endo A, Matsui K, Watanabe S. The Risk of Acute Asthmatic Attacks Associated with Different Dosage Forms of Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs: a Self-Controlled Case Series Study (poster presentation). 30th International Conference on Pharmacoepidemiology & Therapeutic Risk Management. Taipei. Oct 2014.
  7. Takeuchi Y, Fujino Y, Nakagawa T, Watanabe M, Fukushima K, Ohno K, Sasaki N, Sugano S, Tsujimoto H. Biological effect of tyrosine kinase inhibitors on three canine mast cell tumor cell lines with and without c-kit mutation. Veterinary Cancer Society 2010 Annual Conference, San Diego, Oct-Nov 2010.
  8. Takeuchi Y, Fujino Y, Takahashi M, Watanabe M, Ohno K, Nakagawa T, Nishimura R, Sasaki N, Sugano S, Tsujimoto H. Aberrant autophosphorylation of KIT in canine mast cell tumor cell lines. Asian Meeting of Animal Medicine Specialties 2009. Taipei. Dec 2009.

学会発表(国内)

  1. 細井宏輝, 竹内由則, 柏原康佑, 今井博久, 松山裕. 国民健康保険加入者における特定保健指導受診の継続的な効果の検証. 第29回日本疫学会学術総会. 東京都. 2019年1-2月.
  2. 竹内由則, 篠崎智大, 隈丸拓, 平松達雄, 松山裕. 薬剤疫学研究におけるIntent-to-treat effectとPer-protocol effect: 抗菌薬による肝障害発症リスク評価への適用事例. 日本薬剤疫学会第23回学術総会. 東京都. 2017年11月.
  3. 竹内由則, 篠崎智大, 松山裕. 疫学研究における自己対照研究手法による推定値の比較: シミュレーション研究. 日本薬剤疫学会第22回学術総会. 京都市. 2016年11月.
  4. 梶山和浩, 竹内由則, 石黒智恵子, 宇山佳明. レセプトデータを用いたSequence Symmetry Analysis による非定型抗精神病薬処方後の 脂質異常症発現のリスク評価. 第36回日本臨床薬理学会学術総会. 東京都. 2015年12月.
  5. 竹内由則, 石黒智恵子, 遠藤あゆみ, 宇山佳明, 近藤恵美子. Sequence Symmetry Analysis による脂質異常症発現リスクについてのシグナル検出. 日本薬剤疫学会第20回学術総会. 松山市. 2014年10月.
  6. 竹内由則, 比嘉辰伍, 遠藤あゆみ, 松井和浩, 渡邊伸一. 自己対照ケースシリーズを用いたNSAIDs処方後における急性喘息発作発症リスクのシグナル検出. 日本薬剤疫学会第19回学術総会. 東京都. 2013年11月.
  7. 入江充洋, 竹内由則, 鈴木ひとみ, 伊藤大輔, 大竹祐蔵, 山口陽子, 三好拓馬, 福島敬之, 渡邊俊文, 藤野泰人, 大野耕一, 辻本元. メシル酸イマチニブが著効したc-kit Exon9に変異が認められた犬の消化管間質腫瘍(GIST)の1例. 第9回日本獣医内科学アカデミー大会. 横浜市. 2013年2月.
  8. 竹内由則, 藤野泰人, 渡邊学, 中川貴之, 高橋雅, 竹内文乃, 盆子原誠, 小林哲也, 大野耕一, 内田和幸, 浅野和之, 菅野純夫, 西村亮平, 大橋靖雄, 辻本元. イヌの肥満細胞腫におけるKIT遺伝子変異および病理組織学的分類の予後への影響. 日本獣医内科学アカデミー/日本獣医臨床病理学会2012年大会. 横浜市. 2012年2月.
  9. 竹内由則, 藤野泰人, 渡邊学, 中川貴之, 大野耕一, 菅野純夫, 西村亮平, 佐々木伸雄, 辻本元. イヌの肥満細胞腫に対する新規治療標的に関する探索的研究. 日本獣医内科学アカデミー/日本獣医臨床病理学会/日本獣医皮膚科学会 2011年大会. 横浜市. 2011年3月.
  10. 水谷格之, 藤野泰人, 竹内由則, 高橋雅, 中島亘, 後藤裕子, 原田智亨, 坂井祐介, 内田和幸, 大野耕一, 中山裕之, 辻本元. 犬のリンパ腫における免疫学的形質検出法の比較検討. 第148回日本獣医学会学術集会. 鳥取市. 2009年9月.
  11. 竹内由則, 藤野泰人, 大野耕一, 渡邊学, 菅野純夫, 佐々木伸雄, 辻本元. 犬の肥満細胞腫細胞株におけるc-kit遺伝子全塩基配列解析およびKIT蛋白リン酸化の解析. 日本獣医内科学アカデミー/日本獣医臨床病理学会 2009年大会. 東京都. 2009年2月.
  12. 茅野順子, 山崎淳平, 竹内由則, 後藤裕子, 苅谷和廣, 浅井洋子, 白井活光, 小林哲也,坂井祐介, 上塚浩司, 中山裕之, 藤野泰人, 大野耕一, 辻本元. 猫のリンパ腫における細胞学的分類および免疫学的表現型に関する検討. 第28回動物臨床医学年次大会. 大阪市. 2007年11月.
  13. 竹内由則, 藤野泰人, 千々和宏作, 高橋雅, 中島亘, 田中照彦, 周藤行則, 上塚浩司, 中山裕之, 大野耕一, 辻本元. 犬の骨格筋型リンパ腫の2例. 第28回動物臨床医学年次大会. 大阪市. 2007年11月.
  14. 竹内由則, 三角加奈子, 玉原智史, 小野憲一郎, 辻本元. 血友病Bと診断したミニチュア・シュナウザーの1例. 第4回日本獣医内科学アカデミー学術大会. 東京都. 2007年8月.
  15. 竹内由則, 中山裕之. イヌとネコの大脳におけるNeprilysinの発現および活性とbeta-Amyloid沈着との関連(ポスター発表). 第143回日本獣医学会学術集会. つくば市. 2007年4月.
  16. 竹内由則, 中山裕之, 上塚浩司, 土井邦雄. イヌとネコの大脳におけるNeprilysin活性の比較. 第140回日本獣医学会学術集会. 鹿児島市. 2005年9-10月

  1. Takeuchi Y. The Project of Medical Information Database Infrastructure for Post-Marketing Drug Safety in Japan. CRT 2016. Washington DC. Feb 2016.
  2. Takeuchi Y. PMDA’s Activities Promoting Pharmaco-Epidemiological Safety Assessment (MIHARI & MID-NET Initiatives). 12th Annual Meeting DIA JAPAN 2015. Tokyo. Nov 2015.
  3. Takeuchi Y. Strategies for Reinforcing and Enhancing the Post-Marketing Safety Measures in Japan. DIA Pharmacovigilance and Risk Management Strategies 2014. Washington DC. Jan 2014.

シンポジウム(国内)

  1. 竹内由則. Self-controlled case seriesの概要とデータベース研究における適用事例. 第5回生物統計情報学シンポジウム「医療リアルワールドデータの実際と今後」. 東京都. 2018年11月.
  2. 竹内由則. 多重補完法による欠測共変量の補完における課題. 日本薬剤疫学会第24回学術総会. 仙台市. 2018年10月.
  3. 竹内由則, 篠崎智大. 観察研究データを用いた統計モデルによる交絡調整の実践. 日本薬剤疫学会第24回学術総会. 仙台市. 2018年10月.
  4. 竹内由則. 医療情報データを利用した医薬品の製造販売後安全性評価~PMDAでの経験に基づいて~. 日本メディカルライター協会 第16回 講演会. 東京都. 2017年5月.
  5. 竹内由則. 医療情報データを用いた医薬品安全性評価とその小動物医療への応用可能性. 第49回獣医疫学会学術集会. 東京都. 2017年3月.
  6. 竹内由則. 医療情報データベースを用いた薬剤疫学研究の市販後安全対策への活用. 医療薬学フォーラム2016. 大津市. 2016年6月.
  7. 竹内由則. 規制当局における薬剤疫学教育. 日本薬剤疫学会第21回学術総会. 伊奈町. 2015年11月.
  8. 竹内由則. 規制当局における薬剤疫学の医薬品安全対策への活用. 第5回レギュラトリーサイエンス学会学術大会. 東京都. 2015年9月.
  9. 竹内由則. MIHARI Projectで実施した試行調査の概略. 2015年度日本計量生物学会・応用統計学会チュートリアル. 京都市. 2015年3月.
  10. 竹内由則. MIHARI Projectで実施した試行調査の概略. 日本薬剤疫学会第20回学術総会. 松山市. 2014年10月.
  11. 山本弘史, 竹内由則, 宇山佳明. 電子診療情報の安全対策への活用(MIHARIプロジェクト). 第24回日本医療薬学会年会. 名古屋市. 2014年9月
  12. 竹内由則. 動物の肥満細胞腫瘍. 「リンパ腫と組織球系腫瘍・肥満細胞腫瘍の比較病理学」シンポジウム. 岡崎市. 2012年12月.

著書等(和文)

  1. 竹内由則, 辻本元. 第13章 血液疾患 好酸球増加症候群. 辻本元, 小山秀一, 大草潔,兼島孝 編集. SA Medicine BOOKS犬と猫の治療ガイド2015 私はこうしている. 東京都: インターズー; 2015. pp. 691-692.
  2. 竹内由則, 辻本元. 第13章 血液疾患 好酸球増加症候群. 辻本元, 小山秀一, 大草潔, 兼島孝 編集. SA Medicine BOOKS犬と猫の治療ガイド2012 私はこうしている. 東京都: インターズー; 2012. pp. 639-640.

TOP